アセノ概要

 

 1982年に発足したアセノSCですが、今年で35周年を迎えることができました。これもひとえに保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご協力の賜物と衷心より感謝致しております。

 サッカー少年としてアセノSCでボールを蹴っていた子どもたちが大人になり、家庭を育み、そしてその子どもたちがまたアセノのグラウンドでボールを蹴っている。このあたたかい光景を、最近では度々拝見しております。皆様のおかげでアセノはここまでの長い間、子どもたちとのサッカーを通じて続けることができました。そして当クラブに関るすべての皆様の年代層が幅広くなってきていることを実感しています。そこで、NPO法人・スポーツクラブアセノでは地域社会における生涯スポーツの実現を目指してまいります。

 小さなお子様からお年寄りとは言えない元気なおじいちゃんおばあちゃんまで、全ての年代の方に体を動かす習慣とその場所を提供したい。また、保護者の方や地域のお父さん、そして特にお母さんが就業時間を気にしないで安心して働けるように子どもたちを預かる場所を提供したい。そこには生涯スポーツとして、すべての人たちが、いつでも、どこでも、そしていつまでも体を動かすことを楽しめる環境がある。そのようなクラブを35周年を迎えた2017年から、感謝の気持ちと共にご提供してまいりたいと考えております。

 

名称 NPO法人 スポーツクラブアセノ
所在地 茨城県守谷市板戸井2097-2
電話 0297-45-6301
FAX 0297-45-6302
Email asenosc@aseno.co.jp

 

スタッフ  名前                      プロフィール
代表 品村敏明 ドイツへサッカー留学した最初の日本人で、帰国後は読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)のプロ選手としてプレーする。引退後は日本サッカー協会にて、長年にわたり根幹である育成年代の指導に携わり、U12日本選抜監督や強化育成部会委員、ナショナルトレセンコーチなどを務め、各年代の少年サッカーの発展に尽力する。現在は中国サッカー協会からの要請を受け、日本と中国を往復する日々を送っている。
日本サッカー協会公認A級ジェネラル保持。
コーチ 山崎修二 アセノSC創業期から活躍するメンバーの一人。社会人チームであるトステムアセノで指揮を執り、長年社会人リーグを経験する。アセノSCではジュニアやジュニアユース年代の育成に携わり多くの選手育成を通じて、地域に根ざした活動というクラブ理念を実現している。
コーチ 菱沼直仁 アセノSC出身。大学卒業後スペイン・バルセロナへ指導者として留学。現地コーチングスクールへ通いながら、地域クラブで指導者としての経験を積む。
カタルーニャサッカー協会コーチングライセンスLevel2保持。日本サッカー協会公認C級ライセンス保持。